ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。最近はロシアネタが多め。

2019/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
久しぶりに「買い物の話」です。

夏の終わりに大きなソファを買って以来、カフェに出掛けて勉強することが減り、休日は一層部屋で過ごすようになりました。

三人掛けのソファで、足を曲げずに寝られます。全長はシングルベッドとほぼ同じ。そんなものをひとり暮らしの部屋に置いたらあっという間に狭くなるのでは、と思われるでしょう。いかんせん、いえ、幸い私の部屋はものが少ないのです。だから、この6畳のスペースを「ソファとベッドとテーブルの部屋」と割り切れば、そして、このソファの大きさに慣れてしまえば、なんということはありません。

……なんて偉そうに書くものの、はじめはそのソファの大きさに、自分でも「さすがに大きすぎるものを買ってしまったか?」と思った小心者です。

ネットで探せばごまんと出てくるような「ひとり暮らしのインテリア特集」。そこでは、「狭いワンルームには、背の低い家具がオススメ」であり、「ひとり暮らし用の小さなソファがオススメ」であり、「圧迫感のないデザインと色」がオススメです。今回のソファは、そういったお手本としてのインテリアのセオリーにことごとく反しています。

でも、よく考えたら、私の今の暮らしに、そういうセオリーは必要ないのです。だって、ひとり暮らしなのだから。
仕事から帰ってから、重苦しい体を思い切り預けるために。休日に読書や手芸をするために。カフェに行かずとも勉強できるように。疲れたらうたた寝が出来るように。時には仕事ができるように。そのためのソファは、中途半端な大きさであってはならないのです。そして、それを叶えるためには、部屋の動線など、自分が困らない程度のものが確保できれば十分なのです。

◇◇◇

今朝は「久しぶりに外で勉強してみよう」と思い、朝から近所のカフェに出かけました。そして、一時間ほどで帰ってきました。ほどよい人の気配は緊張感を与えてくれますが、遠慮のない店内のBGMと、どこからともなく感じる寒さ、そして、窓から見える街の混雑が、「やっぱり帰ろう」と思わせました。

部屋での勉強が行き詰ったときの気分転換には、カフェは最適です。しかし、たいてい私が勉強するときには何冊かの本と辞書が必要です。部屋でコーヒーを淹れて、机に必要なものを全部集めて作業に没頭するほうが、実ははかどります。そう、そのためのソファでもあります。

もちろん、カフェは好きです。仕事に行く前に寄ることもあるし、仕事のあとに寄って軽く食事を済ませてから帰ることもあります。

ただ、今は部屋のほうが、勉強にも読書にも向いているというわけです。

ちなみに、5畳ほどのキッチン(といっても、半分は廊下のような扱い)のメインの家具は、調理器具や機械ではなく、本棚です。本は、これまでできるだけ増やさないようにしようと思っていました。でも、やはり私は本が好きなのです。

◇◇◇

ソファを買って部屋で過ごす時間が増えてから、ほかにも色々なものを買い替えました。

手始めに、お手洗いの窓からの冷気を防ぐためのハニカムスクリーン。次に、10年近く使った洗濯機を新調。掃除機は手軽に使えるコードレスのものに、靴棚もより簡易なものへ。結露の対策と部屋の明るさの調整に頭をひねり続けた結果、カーテンも買い替えました。そして、最近は間接照明を二つ買い足しました。ひとつは洗濯機の上に、もうひとつはお風呂場の入り口に。いま、そのお風呂場の入り口の窓に、もうひとつハニカムスクリーンを買おうかと検討中です。

……と、まあなんだかんだで、お金もかなり使っています。

これまで、引っ越すたびに何かを捨て、何かを買い替えてきた私は、いわば「引っ越し貧乏」です。滅多に引っ越しをしない人から見たら、びっくりするようなお金の使い方でしょう。

しかし、今回は引っ越しのための買い物ではなく、「もうしばらくこの部屋に住むだろうな」「家賃が高くても、この部屋のままだろうな」という、何の確証もない、ただただ私の直感によってのみ進められた買い物。こんなことは初めて……と言えば語弊がありますが、部屋をより快適にしようと思っての買い物や買い替えは、この10年間――大学進学のために親元を離れて以来、ほぼなかったと言えます。

いまの部屋は、私の人生で10部屋目です。断っておきますが、両親は転勤族でも何でもありません。前半は家族の増減に従って、もしくは人生の節目に沿って極めて合理的に、後半はやむを得ない事情によって行われた引っ越しです。ちなみに、留学中の引っ越しも含めれば、私はこれまでに12の部屋に住んだことになります。

だから、この先のことなんて、わかりません。半年後にはもう状況が変わっているかもしれません。しかし、やはり私の直感ですが、この部屋にはもうしばらく住む気がするし、今後は部屋を快適にするためにお金を使ってもいい気がしています。あと半年で30歳になるので、心底落ち着きたいと思っているのかもしれませんね。

さて、年内最後の買い替えは、洗濯機同様に10年使ってきた電子レンジか、購入して丸5年になろうとするノートパソコンか、そのどちらかになりそうです。

*****

最近手芸が進まないので、勉強がはかどっているからでもあります……。


拍手[0回]

ビーズアクセサリー

初めまして。ブログランキングから来ました。
私も一時期ビーズに嵌ったことがありまして、勤め人のようにやってました。やらなくなった理由は、目ですね。老眼ではないけどコンタクトレンズとの調整が難しく、見えずらくなりました。今では楽しかった思い出になっています。
by etuniru 2019/11/19(Tue)14:03:30 編集

Re:ビーズアクセサリー

コメントをありがとうございます。
作業に夢中になっていると気がつかないのですが、ビーズは視神経を酷使しますよね。また、度数がきつかったり乱視に対応していないと、コンタクトレンズでの細かな作業はお辛いかと思います。

私も、学生のころは好んでコンタクトレンズを使っていましたが、いまはメガネが楽です。文字通り「メガネは顔の一部」です(^^)
2019/11/21 10:54
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。ときどき、友人と一緒に「ゆずのか工房」という名前でイベントに出展します。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /