ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。最近はロシアネタが多め。

2019/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
このブログを開設してから、もう5年半が経っていました。

初めは手芸に関する記事だけを書いていたのが、だんだんと日常の記事が増えてきて、独り言みたいな取りとめもない記事もあって、最近はロシア語のことばかりになっています。限られた時間に私が優先していることが何なのかが、ブログの状態から如実にわかるという……。

手芸の記事を目当てに当ブログへ訪問した方、ごめんなさい。気が付いたら、かなり長いこと新しい作品の紹介をしていませんでした。もともと、制作のペースはスローではありますが、最近はちょっと集中して制作に充てられる時間が減っています。

ロシア語の記事を目当てに訪問した方も、案外期待外れなのではないかと思います。このブログでは、試験の勉強法はほとんど載せていません。

今日は、少し文章を書いて発散しようと思います。先に挙げた種類で言えば、とりとめのない記事です。いま、自分の内側からはふつふつと、何かをどうにかしたいという、言葉にならないもどかしさ、狂おしさがあるのですが、体がうまいことついていきません。よく、私は、頭ばかり冴えた状態になります。この状態で、仮にビーズで何かを作っても、おそらくすぐにほどくことになるので、今日は手を付けないでおきます。

◇◇◇

たくさんのやりたいことの中から、今日は、2回の洗濯、部屋中の掃除、合間に仕事のメールの返信、家賃の振込、それから、唯一リアルタイムで見ているアニメの最新話を見て、読みたくてなかなか読めなかった本を一気に読み、昼寝。目覚ましで目が覚めたのに、いつもの動悸で起き上がれず――半分金縛りの状態で再び眠り、次に目が覚めたときには、ベランダの外に見える向かいの家の窓に夕焼けが映っていることに気づき、何とか体を起こして、買い物に行って、帰ってから何の気なしに漫画を読み始めて……、そう、今日は何かを作り出すよりも、何かを無性に取り入れたい日なのでした。昨晩も一冊、途中まで読んでいた本を読み終えてから寝たんだっけ。たまたま、二冊とも、主人公は母親を亡くして父親と二人暮らし。ふと、私の知るある家庭が頭に浮かび、それぞれいつもどんなことを考えながら生きているんだろう、なんて想像していました。それから、さっき読んだ漫画と併せても、物語には、よく夢を見る描写が出てくるなあ……そんなことを思い、そういえば、私はさっきのお昼寝でも、また昨日の朝も、夢で泣いて、泣いたまま起きたことを思い出しました。そもそも、私は今朝からのどが痛くて、生理中でもあり、仕事のために早く体を回復させたいから、今日は一日家で過ごそうと思ったのでした。

でも、こうして書いてみると、「回復させたい」「休みたい」と思いながら、ほら、やっぱり頭ばかりが動き続けている。やらなければいけないこと、考えなければいけないことがまだ山積みで、「あれ、私、やること多すぎない?」と思い、一回整理しようと思い、こうしてブログの画面を開きました。

◇◇◇

いつからか――恐らく働きはじめてから、私は自分の趣味を意識して減らしました。残ったのが、手芸とロシア語。この二つは私のライフワークになるだろうと思いました。少なくとも、このブログを始めたころには、すでに。

でも、最近、私は本当は、もっと多くのことをやりたくて、もっと多くのことを知りたい人間なんだと気づきました。信じられないくらい欲張りで、信じられないくらい次から次へと新しいものを渇望しているのだと。

本を――タイトルだけを知っていてまだ読んだことのない数多の本を。子どものころに読んだ本を。学生のころに読みかけて挫折した本を。
漫画を――学生のころに読んで結末を知らないままの漫画を。好きだった漫画を。いま手元にある漫画を。
言葉を――ロシア語を。英語を。北欧や東欧の言葉を。日本の古文や漢文を。
手芸を――とにかくきれいなものを。作りかけのものを。自分でも作り方を忘れるくらい複雑なものを。その反動で、これ以上ないほど単純なものを。
それから、映画、音楽、数学、手紙、メールーー。

そりゃあ、時間に追われるはずですよね。ここに仕事ですから。一日の三分の一が睡眠、残りが仕事。仕事のない土日は一週間の七分の二――ですが、私には人一倍の休息が必要だから――実質は七分の一――時間にして10時間ほどでしょうか。これが、ようやく、仕事以外のやりたいことに充てられる時間になるわけです。

どれにも時間が必要で、しかし、残念ながら、どれにも際限がないので、いくら時間があっても足りない。「時間が足りない」と言うと、まるで仕事ができない人の口癖のようですが、そうではなく、私の場合、死ぬまで時間が足りないのだろうと思います。

ああ、そうか。今、書いていて気づいた。本当に、死ぬまで足りないんだ。時間。

◇◇◇

自分のことを知りたくて、自分自身を説明するために、今までいろいろな言葉を探してきました。最近折に触れて頭に浮かぶのは、「言語偏重」。その対極にあるものが今はわからないけれども、私は恐らく言語偏重なのだと思います。読書、語学、映画――何でもいいのですが、たぶん、私が欲しているのは言葉。
頭のよさとか、記憶力のよさとか、そういう話とは全然別。ただ、私が退屈を知らないのは、趣味が多いから、やりたいことが多いからというよりも、頭の中にあまりに多くの言葉が渦巻いているからなのかもしれない。そう思います。

ところで、この感覚。
何かを読み、見て、知って、それについて考えるたびに、自分が一旦ばらばらになる、この感覚。崩壊、解体、離散……うーん、うまく説明できない。でも、かならず一度これまでの自分が崩れて、それからまた、気が付いたらもとに戻るような感覚。私は、この感覚が、未だにうまく説明できないんです。これ、共有できる人がいないかな。私の代わりに説明をしてほしい。

とにかく、明日は明日で、あしたのうちにやれることをやろう。これまでも何とかやれてきたから、この先もきっと大丈夫。まずは、そうだ、お風呂に入ろう。

「人は生きてきたように死ぬ」というけれど、私も、きっとそうなんだろうと思います。「ああ、あの話の続きを見届けたかったなあ」とか、「あの本をもう一度読んでおきたかったなあ」なんて、やりたいことをリストアップしながら逝く。そのとき、私は、仕事で関わる人のことは考えても、家族のこととか、友人や知り合いのことなんて、考えもしないのかもしれません。

*****

人は生きてきたように死ぬ。


拍手[1回]

明日10月13日(日)のヨコハマハンドメイドマルシェは今のところ開催予定のようですが、共同出展する予定だった友人「kana」と相談した結果、「ゆずのか工房」は参加を見送ることにいたしました。

台風は――ほかの自然災害もそうですが、雨風そのものによる一次災害、そして、交通機関のマヒなどの二次災害が考えられます。
今回、私は後者のほうで、明日の午前中に横浜へたどり着く手段がありません。また、友人「kana」のほうは、実家が川の近くにあり、すでに避難を余儀なくされています。同じような状況にある方たちの心労を思うと言葉になりません……。そんなわけで、早めに不参加の判断をする運びとなりました。

今後は、5月のデザインフェスタ、もしくはヨコハマハンドメイドマルシェへ参加を検討中です。作品のお披露目はまたの機会に。手芸はいつでもできますからね。

ロシア語能力検定2級も、東京は中止となりました。今回、私は勉強が十分にできなかったので、中止となったことにより「台風で行けなかった」という大義名分ができてしまいましたが、実力不足で受かる見込みがなかったのは、本人が一番痛感しています。試験の機会が伸びたことを無駄にせず、これからも勉強します。年内はとにかく語彙を増やす。

気圧の低下の影響をもろに受けているので、今日は一日家で静かに過ごしています。明日も安静にして過ごす予定。元気が出たら、14日(月)に下北沢DIAMOND HEROに行って、引き下げていた作品を再納品するかもしれません。

*****

避難されている方たちに、一日も早く日常が戻りますように。


拍手[0回]

台風の影響により、来る「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」の初日、つまり10月12日(土)は、開催中止になりました。
公式サイトによる情報

これにより、この日友人「kana」がひとりでブースを設営することも、また、ふたたび「ぼっちブース」になる恐れを抱く必要もなくなりました。13日(日)に、ふたりで準備してふたりで出展します。今のところ、13日(日)は開催予定のようです。

ロシア語検定もどうかな。中止になるかもしれないなあ。たとえ中止にならなくても、交通機関の乱れによって受験を見送る可能性大です。正直、勉強も間に合っていないので……(^^;)

きのうの夜、ロシア語検定2級のリスニング問題の過去問を初めて解きました。なんだか、これは、ロシア語を理解することよりも、記憶力とメモの取り方がものを言う問題のような気さえしています。
平常スピードで流れるロシア語を聴き取り、のちの15分間で日本語で清書するという問題形式。メモは取っていいのですが、ペンを持つ手が追いつきません。走り書きでも。それに、細かな前後関係は、大まかなメモだけではうまく残せません……。
日本語で読み聞かせされた物語をあとで思い出して正確に文章にするのだって難しいのに、いわんやロシア語をや。通訳をイメージした試験なのでしょうか。どのように採点されるのかがわからない以上、自分なりに作戦を立てて試験に臨まないと、3回流れる音声を無駄に聞き流すことになりそうです。

ほんまに手ごわいわ、ロシア語能力検定。。。

*****

外はすでに雨。


拍手[0回]

夜中に目が覚めて空の星を眺めたのはもう一週間以上前だったけな、と思いましたが、なんだ、まだ五日前でしたよ。

今日も、午前三時に自然に目が覚めました。眠りに就いたのは午前0時少し前だったので、まだそんなに寝ていません。しかし、お腹が空いたのと、わりと頭が冴えていたので、そのまま起きました。
何となくベランダに近づいて外を見るまでは、そもそも五日前に星を見たことなんて忘れていました。窓越しの空に明るい星をいくつか認めて、「そういえば星を見たのはいつだっけな」と思い出し、このブログを確認して「まだ五日前かあ」と確認し、しかしその五日前よりも外が寒いとわかったので、パンをつまんでお腹を満たしてから、寝間着にシャツと上着と羽織り、念のためにマフラーもして、またもやベランダに出たのでした。

国立天文台の「今日のほしぞら」によれば、この時間帯は南西の空に天王星が見えるらしいのです。首をひねって探しましたが、私の部屋のベランダからは、もうぎりぎり天王星が西のほうへ傾いてしまい、見えませんでした。ちょっと見たかったなあ。まだないんですよ。「あ、あれが天王星だ」と思って天王星を見たことが。

シリウス、プロキオン、ベテルギウスーー明るい冬の大三角をぼんやり眺めていると、ふと、そこを赤い点が横切りました。飛行機です。その瞬間、どうしてでしょうね。自分でも思いがけず、ふと、「パイロットって孤独だなあ」と考えていました。寝静まった街の上の、真夜中の空の、あんなに高いところを、やはり眠っているたくさんの人を乗せて、たった一機でぽつんと、ただ目的地を目指して飛行機を操縦する――こんな孤独なことってあるでしょうか。
飛行機の明かりが、周囲の星よりも弱くて儚かったから、なおさら空高くを飛んでいるように見えたのかもしれません。これまで、昼間に青空を飛ぶ飛行機を見ても、何とも思いませんでした。真夜中には、人は、昼間にはないことを思いつくようです。

これからもうひと眠りします。次に目が覚めたら、また仕事。
夜中にふと目が覚めて星を見ているこの時間は――星を見ようと思って起きたのではなく、たまたま起きてそうしているだけですが――誰にも邪魔されない静謐な時間であることは間違いありません。

*****

週末は台風。空はしばらく見えないかも。


拍手[0回]

激務だった今週。金曜日もくたくたで帰宅し、軽くパンをつまんでそのままソファで寝てしまいました。

目が覚めたのが夜中の3時。歯を磨きたくてのっそりと起きて、ぼーっとしながら15分くらいかけて歯磨きを終えたあと、ふと、外がどれくらい涼しいのかが気になって、ベランダのほうへ行きました。そのとき、網戸越しからオリオン座が見えることに気づき、スマホを手に取ってから、ベランダに出ました。

オリオン座どころか、もっと多くの星が見えました。空を眺め始めてから数分経つと、目が慣れてきて、明るい星の間を埋めるように、ぼんやりと白い、細かな星の集まりまで見えるようになりました。ああそうか、これがいつか写真で見た銀河かあ、と思い出し、そういえば天の川はどこにあるのだろうと思い、スマホやパソコンで位置を調べました。そして、もう一度ベランダに出て、しばらくの間そこで過ごしました。

↓お気に入りに登録しています。
国立天文台暦計算室 今日のほしぞら

以前の記事に木星の話を書きましたが、そう、天の川がどこにあるかなんて、実際に空を見て確認したことがなかったのですよ。普段見えないから。

さて、東京の真ん中らへんの、それほど暗くはない場所に私の部屋はあります。それでもどうしてこんなに星がよく見えるのだろうと思ったら、月が出ていないんですね。きのう(といっても7時間前ですが)、仕事の帰りには空の低いところに大きな赤い三日月が見えました。それが、私がソファで居眠りしている間に、地平線の下へと沈んでしまったようです。木星を含め、大きな天体もちょうどこの時間は見えません。それが良かったのでしょう。

満天の星空というものを、生まれてこのかた肉眼で見たことがなかったのですが、たぶん、今回たまたま見た夜空はそれに近いものだと思いました。

ところで、上ばっかり見ていたので、途中でちょっとよろめきました。ベランダにイスでも置いて、座ってみればよかったなあとか、広い場所で横になれるイスやハンモックのようなものがあれば、そこに寝転がりながら、疲れずに空を見られるのになあ、と、とりとめのないことを考えながら、手にしたスマホで星の名前を確認して過ごしました。うーん、やっぱりいつかは頑張らなくても星が見えるところに移住したいなあ。

火曜日の夜は発作的な腹痛で深夜に目が覚め、明け方まで寝られず苦しみました。水曜日の仕事がまた激務で長時間だったので、この日の夜は気絶したかのように眠りました。
けれども、今回は本当にふと目が覚めて、ふと外を見て、そこで星空を見られたので、ラッキーとしか言いようがありません。

いま、休日までやることに追われているので、気持ちは少しも軽くならないのですが、時々はこうして空を見よう、と思った次第でした。

*****

感動をつづったところで、もうひと眠りします。


拍手[0回]

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。ときどき、友人と一緒に「ゆずのか工房」という名前でイベントに出展します。
| HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /