ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。

2018/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
youtubeの検索欄で“ю”(ユー)と打てば、
予測変換でほぼ一番目に出てくるのが、
Юлия Савичева(ユーリヤ・サーヴィチェヴァ)という歌手です。
恐らくロシアでは知らない人がいないほどのポップスター。
日本でも、数年前に放送されたNHKのロシア語講座(テレビのほう)で
何曲か紹介されていました。

かくいう私も、その番組を見て彼女が好きになり、
《Если в сердце живёт любовь》(心に愛があるなら)の動画を
youtubeで繰り返し再生して、歌詞も覚えました。

(最近の豪華な縦巻きカールより、
この頃の切りっぱなしのショートヘアの方が私は好きです。)

歌詞カードを見なくてもおおよその意味がつかめるほど、
聴き取りやすく真っすぐな歌声が彼女の魅力でしょう。
メロディーが耳に残るうえ、全体的に癖のない音楽ですので、
ロシア語がわからなくても聴けてしまうはず。

さて、私のお気に入りの曲、«Здравствуй, это я»。
(英語なら"Hello, it's me"かな。ぴったりな日本語訳が見つからない……)


この曲の歌詞に「バニラ色の空の下で」というフレーズがあるのですが、
その「バニラ色」がどんな色なのかすぐにはわかりませんでした。

それが解決したのはようやく最近のこと、
映画が大好きな母から、
何かの拍子に『バニラ・スカイ』という作品の話を聞いたときでした。
朝焼けや夕焼けにみられるあの何とも言えないオレンジやピンクの空の色が、
英語圏では「バニラ色」と表現されるようなのです。
間違ってもバニラアイスの色ではないのです……。

それを聞いて最初に頭に浮かんだのが、
大学の授業で観たテレンス・マリック監督の映画、『天国の日々』。
この映画には夕暮れのシーンがたびたび出てきます。
それらのシーンがすべて、「マジック・アワー」と呼ばれる、
日没から空が暗くなるまでのわずかな時間にのみ撮影されたものであり、
ワンシーンを撮り終えるのに大変な日数が費やされている……
というようなことを先生が話していました。

次に思い出したのが、
モスクワ留学の終わりがけにひょんなことから訪ねることになった、
ペレスラヴリ・ザレスキーという町の朝焼け。
ガイドさんが自宅に泊めてくださったのですが、
その寝室から撮った写真がこちら。


話が脱線しているように思われるかもしれませんが、
母から『バニラ・スカイ』の話を聞いた瞬間、
私の頭の中では色々なものがひとつにつながったのでした。
何よりも、この曲の歌詞は、
「バニラ色の空の下で 月の光の下で」と続きますから、
やはりその色なのでしょうね。

12月は後半から、
食あたり、ヘルペス、風邪のトリプルコンボに見舞われましたが、
今日やっと回復して、家のことをする元気が出てきました。
色んな音楽を聴きつつ、このまま無事に新年を迎えるぞ。
*****
見たことや聞いたこと、学んだことや覚えたことが、
忘れたころに思い出されるとは。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ

拍手[1回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。現在、大学生の妹と二人暮らし。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /