ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。

2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
今日は朝からちくちくとフェルトを縫って、
いくつかブローチを完成させました。

まず、12月に縫った500円玉サイズの小さな刺繍のうち、
こちらのふたつに取りかかりました。


裏面の面積が小さいため、ブローチピンも大変小さいですが、
根気よく丁寧に縫いました。


次に、きのうの夕方に作った新しい刺繍。
細かいところに小さな金色のビーズを散りばめました。
 

こちらも一息に裏面を縫い上げ、無事に完成。


今回の記事に載せた4つのブローチは、
1月中にDIAMOND HEROに納品予定です。
どれも作った私自身が気に入っていますし、
いまお店に出している他の作品とも違和感なく並ぶはず。

きのうの記事のように、
オリエンタルな風を取り入れたい気分もありますが、
最終的に納品までたどり着いた作品、
もしくは迷わず納品しようと思える作品の雰囲気は、
やはりちゃんと絞られてきています。

DIAMOND HEROでの委託販売も七年目、
あと数か月経てば八年目に入ります。
これだけ長く続けていると、これから先、
技術や表現力が上がるという意味での変化はあっても、
作風が揺らぐことはもはや起こらないだろうと思います。

例えていうなら、個性を出すために奇抜な服を選んでしまい、
かえって服のほうに自分が着られるようなことは、学生時代で終わりたいもの。
だってそれは、その服を着た自分が個性的なのではなく、
“その奇抜な服が個性的なだけ”ですから。

けれども、そんな時期を経て悩んだりもがいたりしたのちに、
自分に似合うものを選び取れる目を養えたら、
それは一生もののセンスになるはずです。

そこに至るまでには、
自分の体型や肌の色、顔立ちや言葉にならない印象まで含めて、
直視して受け入れることが欠かせませんが、
人はきっと、その過程で多くの時間を費やしてしまうのだと思います。
もちろん、これは自戒も込めて書いています。

でも、自分に似合うものを選び取る感覚を磨きだして、
いつも鈍らせないようにさえ気を付けていられたら、
そのときにはもう、他の人が何を着ていて、それがどこで手に入れたもので、
さてその人たちと比べて自分はどうかなんて、
もう本当にどうでもいいことです。

以上は服装に関する例えですが、
手芸についても同じようなことが言えると私は思っています。
何回も試行錯誤してきたからでしょうか、
どんな新しい風を取り入れても、もう作風の根っこは揺らがない感じがしています。
*****
だから、これからも安心して制作に励み、
いいものをDIAMOND HEROに送り出します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ

拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。現在、大学生の妹と二人暮らし。

【真夏のデザインフェスタ2018参加予定】
ブースNo. E-248「ゆずのか工房」(友人と一緒に出展します)
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /