ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。最近はロシアネタが多め。

2019/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
完全な満月は明日ですが、今日の月は薄い雲がかかって大変きれいでした。写真ではうまく撮れませんが、月の周りに虹色の光まで見えました。
雲一つない空の満月も見ごたえがありますが、雲があるほうが、光がそこに反射して周囲がより明るく見えます。


写真を撮った一時間後には、厚い雲に覆われて、月は見えなくなってしまいました。

◇◇◇

寝ても覚めてもロシア語の語彙のことばかり考えているので、今日からとうとう本格的にロシア語の辞書を読むことにしました。

参考にしているのはこちらのブログ:「アンチ・バベルの塔 」。辞書を読んで語彙を増やした人がいないかと考え、ネットサーフィンしていたらたどり着きました。

このブログで提唱されているのは、辞書に載っている言葉のうち、知らないものや理解があやふやなものをカードに書き出し、それをひたすら練習するというもの。なんとも地道で気の遠くなる方法ですが、これなら私が抱えていた問題が解消できそうなのです。

①通勤時も軽い単語カードのみ持ち歩けばよい。
外でも勉強できるようにと読むために持ち歩いている、ロシア語の初級の辞書。しかし、これですら私のひょろい肩と首には負担なのです……。
辞書をばらばらにして持ち歩くことも考えましたが、それではいざ単語を調べるときに散らかってしまいます。

その点、単語カードなら、重さは誤差の範囲。知っている単語を省いて、知らない単語や自信のない単語だけ確認できるのも利点です。ひょろい人の救世主。

②音楽や読書、ニュースを読むだけでは出会えない単語に出会える。
そのあたりの効率の良さは、上記ブログにて丁寧に説明されています。多読や市販の単語帳で勉強をする人もいるかと思いますが、ブログに書かれている通り、いっそ辞書を読んだほうがバランスよく語彙を増やせることは必至。

ちなみに、学生のころは、教科書やテストで出てきたわからない単語は必ず辞書で調べて音読していました。今回、ロシア語能力検定2級の過去問を解いているときにもそれをしようと思ったのですが、やめました。その方法では、次回の試験でまったく別の文章が出たときに太刀打ちできないからです。
いま、私は、テスト対策としての語彙ではなく、テストをもまあまあ乗り切れる一般的な語彙がほしいのです。欲張りです。でも、いまは語彙を増やすことを渇望しています。

……そんなわけで、辞書を読むことが、遠回りなようで結局は堅実な道だと判断しました。

しかし、この方法には根気が必要です。そして、語彙を増やすことに年単位の時間をかける覚悟も……。

①時間がかかる。
まず、辞書を見て知らない単語や理解の曖昧な単語をカードに書き出すだけで、相当な時間がかかります。仕事でくたくたになっている私には、その時間を捻出すること自体が課題です。
そこで、家にある大変分厚い上級の辞書ではなく、普段持ち歩いている初級の辞書を網羅することにしました。はじめのうちは、ゴールは手に届きやすいほうがいいからです。
今日、さっそく単語カードを買ってきて、2時間と少しで「А」の項を書き出し終えました。

※どうしてこんなに早く終わったかというと、カードに書きこむ量を減らしているからです。表にロシア語の単語や熟語、例文を1つずつ。裏には対応する日本語を簡潔に書くに留めています。私は、ひとたびきっちりやり始めれば、最後まできっちりやり終えねば気が済まぬ質(たち)なのです。自分の首を絞めないように、初めからラフに、「自分さえわかればよい」というスタンスで作業することにしました。よって、字も雑に済ませています。

②必ず忘れる。
上記ブログにも書かれていますが、一度覚えたと思った単語も、しばらく経てば忘れます。忘却曲線とかいうやつです。そのため、忘れることを前提で、何度も繰り返して練習するという地道さを受け入れる必要があります。忘れるたびにいちいち嘆いていては前に進めないのです……(自戒を込めて)。5年、10年がかりのプランだと思って取り組むことにします。

※ちなみに、こういうものをアプリで済ませられないかと、浅はかにも考えました。でも、結局私の求めるものには出会えないだろうと思います。memrise(メムライズ)の公式のロシア語コースをすべて終えたのはいつだっただろうかと記事をさかのぼったら、なんともう一年前でした。それ以来、覚えにくい単語を復習するのみですが、このアプリに新たなロシア語のコースが追加される日は遠そうです。

来年のロシア語能力検定2級まであと一年。年内――残り2か月半は、とにかくこの単語カード作りを進めます。もう、語彙なしには次のレベルへは進めないことを、自分で悟ってしまいました。別の見方をすれば、学生時代の英語の学習段階を、いまはロシア語が越えたとも言えます。もはや、私の第一外国語はロシア語。

周りに同じようなことをしている人がいないのが、ときどき心細くもありますが、勉強はもともと一人でやるもの。息切れしないように続けます。

*****

「Б」(ベー)の項目を書き出したら寝よう。


拍手[1回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。ときどき、友人と一緒に「ゆずのか工房」という名前でイベントに出展します。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /