ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。最近はロシアネタが多め。

2019/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
おととい、部屋のドアの新聞受けに、レターパックの不在票が入っていました。先日台風で中止になったロシア語検定の返金に関する案内かと思い、再配達を依頼。きのう受け取って開封したら、そうではなく、8月に受けたТРКИ(テー・エル・カー・イー)の試験結果でした。

そう、ややこしいのですが、日本で受けられるロシア語検定は二つあり、それぞれ微妙に名称が異なります。
先日の台風で中止になったのは、「ロシア語能力検定試験」。日本で受けられる日本人のためのロシア語の試験です。
一方、ТРКИは日本で「ロシア語検定試験」と名付けられています。ロシアの教育科学省が認定する、ロシア語を学ぶ外国人のための試験です。

不在票や、届いた郵便の差出人をよく見たら、確かに「ロシア語検定試験」と書かれていました。なんだ、私がちゃんと見ていなかっただけか(^^;)

さて、試験は無事に合格していました。ちなみに、わたしが受けたのは、一番易しい「入門レベル」です。
このA4サイズの薄い成績表。見覚えがあると思ったら、留学を終えたときにもらった成績表と似ているのでした。"СПРАВКА"(スプラーフカ)といいます。言葉の響きが懐かしいです。


作文、会話、文法、読解、聴解それぞれの成績が、ポイントとパーセンテージで記載されています。各教科66%以上(もしくは4教科が66%で、残り1教科が60%以上)で合格です。
今回は、作文が90%、会話が99%、文法が93%、読解と聴解が満点と、思ったよりもよくできていました。会話は、多少甘めに採点してくれたのだろうと思います。

こちらの書類は"СЕРТИФИКАТ"(セルティフィカート)。英語の"certificate"でしょうか。同封の返信用はがきがこの証明書の受領証になっていました。こちらの書類も薄いA5サイズの紙ですが、触った感じからすると、偽造防止の加工がされているようです。


ひとまず、2019年に挑戦するロシア語の試験は、これにて終了しました。特に、このТРКИは長らく気にかかっていた試験だったので、こうして終えることができて感慨深いです。留学当時は、まさにこの入門レベルの試験を受けるためのクラスに在籍していました。今回の試験をパスしたことで、当時の自分のロシア語を超えられたことになります。重い腰をあげて試験会場に行った甲斐がありました

来年の8月は基礎レベルを受験します。

*****

自分との約束を果たした感慨。


拍手[2回]

完全な満月は明日ですが、今日の月は薄い雲がかかって大変きれいでした。写真ではうまく撮れませんが、月の周りに虹色の光まで見えました。
雲一つない空の満月も見ごたえがありますが、雲があるほうが、光がそこに反射して周囲がより明るく見えます。


写真を撮った一時間後には、厚い雲に覆われて、月は見えなくなってしまいました。

◇◇◇

寝ても覚めてもロシア語の語彙のことばかり考えているので、今日からとうとう本格的にロシア語の辞書を読むことにしました。

参考にしているのはこちらのブログ:「アンチ・バベルの塔 」。辞書を読んで語彙を増やした人がいないかと考え、ネットサーフィンしていたらたどり着きました。

このブログで提唱されているのは、辞書に載っている言葉のうち、知らないものや理解があやふやなものをカードに書き出し、それをひたすら練習するというもの。なんとも地道で気の遠くなる方法ですが、これなら私が抱えていた問題が解消できそうなのです。

①通勤時も軽い単語カードのみ持ち歩けばよい。
外でも勉強できるようにと読むために持ち歩いている、ロシア語の初級の辞書。しかし、これですら私のひょろい肩と首には負担なのです……。
辞書をばらばらにして持ち歩くことも考えましたが、それではいざ単語を調べるときに散らかってしまいます。

その点、単語カードなら、重さは誤差の範囲。知っている単語を省いて、知らない単語や自信のない単語だけ確認できるのも利点です。ひょろい人の救世主。

②音楽や読書、ニュースを読むだけでは出会えない単語に出会える。
そのあたりの効率の良さは、上記ブログにて丁寧に説明されています。多読や市販の単語帳で勉強をする人もいるかと思いますが、ブログに書かれている通り、いっそ辞書を読んだほうがバランスよく語彙を増やせることは必至。

ちなみに、学生のころは、教科書やテストで出てきたわからない単語は必ず辞書で調べて音読していました。今回、ロシア語能力検定2級の過去問を解いているときにもそれをしようと思ったのですが、やめました。その方法では、次回の試験でまったく別の文章が出たときに太刀打ちできないからです。
いま、私は、テスト対策としての語彙ではなく、テストをもまあまあ乗り切れる一般的な語彙がほしいのです。欲張りです。でも、いまは語彙を増やすことを渇望しています。

……そんなわけで、辞書を読むことが、遠回りなようで結局は堅実な道だと判断しました。

しかし、この方法には根気が必要です。そして、語彙を増やすことに年単位の時間をかける覚悟も……。

①時間がかかる。
まず、辞書を見て知らない単語や理解の曖昧な単語をカードに書き出すだけで、相当な時間がかかります。仕事でくたくたになっている私には、その時間を捻出すること自体が課題です。
そこで、家にある大変分厚い上級の辞書ではなく、普段持ち歩いている初級の辞書を網羅することにしました。はじめのうちは、ゴールは手に届きやすいほうがいいからです。
今日、さっそく単語カードを買ってきて、2時間と少しで「А」の項を書き出し終えました。

※どうしてこんなに早く終わったかというと、カードに書きこむ量を減らしているからです。表にロシア語の単語や熟語、例文を1つずつ。裏には対応する日本語を簡潔に書くに留めています。私は、ひとたびきっちりやり始めれば、最後まできっちりやり終えねば気が済まぬ質(たち)なのです。自分の首を絞めないように、初めからラフに、「自分さえわかればよい」というスタンスで作業することにしました。よって、字も雑に済ませています。

②必ず忘れる。
上記ブログにも書かれていますが、一度覚えたと思った単語も、しばらく経てば忘れます。忘却曲線とかいうやつです。そのため、忘れることを前提で、何度も繰り返して練習するという地道さを受け入れる必要があります。忘れるたびにいちいち嘆いていては前に進めないのです……(自戒を込めて)。5年、10年がかりのプランだと思って取り組むことにします。

※ちなみに、こういうものをアプリで済ませられないかと、浅はかにも考えました。でも、結局私の求めるものには出会えないだろうと思います。memrise(メムライズ)の公式のロシア語コースをすべて終えたのはいつだっただろうかと記事をさかのぼったら、なんともう一年前でした。それ以来、覚えにくい単語を復習するのみですが、このアプリに新たなロシア語のコースが追加される日は遠そうです。

来年のロシア語能力検定2級まであと一年。年内――残り2か月半は、とにかくこの単語カード作りを進めます。もう、語彙なしには次のレベルへは進めないことを、自分で悟ってしまいました。別の見方をすれば、学生時代の英語の学習段階を、いまはロシア語が越えたとも言えます。もはや、私の第一外国語はロシア語。

周りに同じようなことをしている人がいないのが、ときどき心細くもありますが、勉強はもともと一人でやるもの。息切れしないように続けます。

*****

「Б」(ベー)の項目を書き出したら寝よう。


拍手[1回]

仕事に忙殺された4月から7月を経て、8月のお盆は落ち着いていました。しかし、お盆明けから新たな仕事が舞い込み、結局、前回の記事を書いたときからすでに、半端なく忙しい生活に戻っています。

このペースが最低でも10月末まで続くのですが、何がピンチって、10月にロシア語検定、翌日にヨコハマハンドメイドマルシェが控えていることです。それぞれ準備に時間がかかるため、一刻も惜しいのですが、しかし私の気質からいうと、「忙しくなった分、より多くの休養を取る必要あり」なのです。

さて、困りました。ロシア語、手芸、仕事の準備や勉強、休養……この世が四次元にでもならない限り、限られた休日にこれらをこなすことなど、無理ぽよ。

今のところ、バランスは休養(寝る)>ロシア語>仕事の準備>>>手芸となっています。ロシア語は平日もやっているので、日によっては、ロシア語>休養です。先週も今週も、三連休は受験生さながらの生活です。

そんなわけで、作品作りが最も後回しです。「ここは制作日記なのに」という突っ込みは受け付けます。

◇◇◇

正直、今回のロシア語検定は合格の見込みなしです。過去問を解いて、自分の語彙が試験のレベルに全く追いついていないことを嫌でも実感させられます。3級から2級への隔たりが、半端ないと思うのは私だけでしょうか……。

いまは、ひたすら語彙を増やしていく時期。それ以外に先へ進む方法はありません。地を這うような苦しい時期です。「苦しい」なんて書いたら、「そんなに苦しいなら、やめたら?」という声が聞こえてきそうです。でも、事実として苦しいんです。単語の海、いや、沼に溺れるようなイメージさえ湧いてくるほどです。

もちろん嬉しいこともあります。
ロシア語の音楽を聴くのが当たり前になってきて、楽しみは増えるばかりです。それはもう、中学のときに洋楽を聴いていたとき以上の、楽しみの拡がり方です。

また、先日ひょんなことから知った文通アプリで、何人かとロシア語でメッセージをやりとりしています。相手の返事が速く、また長文であることが多いので、こちらも自然と長文で返します。一通送るのに二時間くらいかかり、決して楽ではありませんが、作文のトレーニングだと思っています。何よりも、顔も声も知らない人と文章で通じ合えるというのは、やはり大きな喜びがあります。

それでも、やはり日常は地味な練習の積み重ねです。この苦しさの理由が知りたいと思い、ぼんやりネットサーフィンをしていたら、こんなサイトを見つけました。私が言葉にしたかったことが、全部書いてあります。
ブログ「やるせな語学」さんの記事
(勝手ながら、リンクを貼らせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。)

この記事を読むと、いま、自分が単語の泥沼にはまっていても、別におかしいことではないのだとわかり、少し気が楽になります。

◇◇◇

先日、母から言われました。「今回2級に受かっちゃったら、あんた勉強しなくなるよ」と。それも真理ですよね。

社会人になって以来、いまが一番ロシア語の勉強をしています。学生のときは、こんな日が来るなんて、もちろん想像していませんでした。ロシア語はライフワークのつもりなので、今回はくじけても、来年また2級に挑戦します。

それでも、あと三週間後の試験まで、できるだけの勉強はしようと思います。勉強は、始めるよりも続けるほうが大変だから……。

最近通勤中に繰り返し聴いている曲を載せて、この記事を締めます。
Сплин(スプリーン) "Моё сердце"


もしくは、
ГОРОД 312(ゴーラト312)"213 дорог"
(曲名が、グループ名を反対から読んだものになっています)


先月のТРКИの口頭試験で、好きな歌手としてこの"ГОРОД 312"も挙げたのですが、「312」の部分で「300,12」と言うべきところを、間違えて「30,12」と言いました。口頭試験の部屋を出てから気が付きました。うーん、これも減点対象かあ。

*****

明日のために、そろそろ休もう。


拍手[1回]

きのう、とうとうТРКИ(テー・エル・カー・イー)――ロシア主催のロシア語検定を受けてきました。

ТРКИは、英語のTOEICやTOEFLのロシア語版のようなものです。ただし、英語のほうと違って、日本での受験のチャンスは年に1回しかないのと、受験料が高いのとで、あまり気軽には受けられません。

留学中、私はこの試験を受けられるクラスにいたにもかかわらず、生活に慣れるのに必死なのと、卒論を仕上げなければならないのと、滞在期間が全プログラムの半分だったのとで、受験せずに帰国しました。そして、帰国後、すなわち就職後は、ロシア語の勉強を数年間やめてしまっていました。でも、「いつかちゃんと受験したい」とは思っていたんです。その積年(?)の思いを、きのう果たしてきました。

正直、試験の前日は仕事から帰るのが遅くて、「明日の試験面倒だな、朝早いし、週の後半は勉強時間を取れなかったし、朝はゆっくり寝ていたいな……」と後ろ向きになっていました。それでも、もうこれをサボったら一生受けに行かない気がしたので、自分で自分を奮い立たせて、試験会場に行きました。

結果としては、受験してみてよかったです。判定はわかりませんが、とにかく試験の様子がわかったのが収穫です。これで来年は、少し楽な気持ちで会場に向かえます。

それに、試験会場で出会った人たちが、とにかく面白かったんです。同じ入門レベルを受けた人が、その日は私を含めて三人しかいなかったのですが、その二人が、それぞれ大変ユニークでした。出自も生活も学習履歴もバラバラでしたが、それがまた、それぞれに興味深かったです。
共通していたのは、それぞれがロシアに行ったことがあるということ。試験の合間の休憩時間やお昼休みは、現地ネタで盛り上がりました。

お二人から仕入れた情報で、これはと思ったもの。

1.モスクワのメトロでは≪ТРОЙКА≫(トロイカ)が便利。
→トロイカは、あの「そり」ではなく、日本のSuicaやPASMOのようなチャージ式乗車カードのこと。2013年から始まったサービスのようです。残念ながら、私が留学していたとき(2011~2012年)にはまだなかったです。うう、おみやげにほしい……。

2.今年はチェブラーシカ誕生50周年なので、チェブラーシカとコラボした「トロイカ」が販売。
→調べたら、ロシアビヨンドの記事に載っていました。これはかわいい。うう、ますますほしい……。

3.世界中の人とやりとりできるSNSの中で、「SLOWLY」がおすすめ。
→一人の方に教えていただきました。文通で手紙をやりとりするように、相手の国が遠ければ遠いほど、メッセージが届くのに時間がかかる仕組みだそうです。これは面白い。多くのSNSは即時更新。リアルタイムのメリットはありますが、そのスピードの速さがかえってわずらわしいときがあります。しかし、じっくり考えてからお返事を出せる「SLOWLY」は、私に合っていそう……。というわけで、きのう試験から帰宅するなり、さっそくアプリをダウンロードしました。
「SLOWLY」公式サイトはこちら。わかりやすい説明が載っています。ちなみに、アプリやサイトの日本語対応が始まったのは、実はごく最近だそうです。

ТРКИの結果は、10月のどこかで届くようです。(忘れたころにやってくる……)
これからは、10月12日(土)のロシア語検定の勉強を続けます。

*****

とにかく、私、が、頑張った……。


拍手[2回]

お盆休みが終わります。うーん、本音は、もうちょっと休みが続いてもいいと思っています……。

会いたい友人に会えて、母のところに泊まりに行けて、DIAMOND HEROに納品できて、歯科の定期検診と会社の健康診断も済ませて、お昼寝をして、好きな音楽を聴いて漫画を読んで、部屋の模様替えと整理をして……やりたいことをやりたいタイミングでできたお盆休みでした。

何よりも、ロシア語の勉強にだいぶ時間を割けたのが良かったです。

◇◇◇

10月の2級の試験に備えるべく、8月に入ってから過去問を解き始めましたが、苦戦しています。特に数詞に関する文法が難関です。4級から3級へもレベルの飛躍を感じましたが、ことに3級から2級の、この隔たりよ……。

大学で第二外国語として習っていたころとは違い、いまは独学です。それでいて、当時よりも今のほうが、より込み入った内容の学習に入っているので、行き詰ることもしばしば。「わからない」→「調べる」→「練習する」→「ちょっとわかってくる」のループで、大抵翌日には何かしらの光が見えるようになりますが、勉強って、かくも孤独なものですね。

行き詰ったときに私が参考にしてるサイトがこちらです。
「ロシア学事始」ロシア語講座 初級のページ

どなたが運営しているサイトかは存じ上げないのですが、驚くほど充実していて、大変参考になります。数詞に関するルールは、ここで数ページにわたり熟読しました。頭に落とし込むまでに、もう少し時間が必要ですが。

① 文法を覚える(いうなれば、森)
② 単語の変化形を覚える(木、むしろ枝?)
外国語の学習で大変なのが、この両方を身につけていくこと。

文法を知っていても、どのように語尾を変化させるかを知らなければ、手も足も出ない。かといって、極端な話、語尾の変化をすべて丸暗記していても、文法を知らなければ適切に運用できない。だから、どちらの練習からも逃げられないのです。

あと、最近実感するのが、ロシア語の文法を理解するために、日本語の文法への理解が大変助けになるということです。日本語で書かれたロシア語の文法の説明を理解するには、日本語の仕組みをよくわかっていることが前提です。

※もちろん、これは、人によって、その言語を習得することで何をしたいかによるところだと思います。フランクな会話をすることが当面の目標の場合は、別の道を選んだ方が、望む学習効果が得やすいはずです。
ただ、少なくとも、「文法への理解と会話の練習はどちらが必要か?」みたいな問いは、本当にナンセンスだと思います。(言葉の仕組みを理解することと、相手ありきのアウトプットをすることが、どうして同列になるのか、私にはよくわかりません。)

話が逸れましたが、私は、文法はきちんと理解したいほうです。そして、語尾の変化も発音も、アクセントの位置も、できるだけ早いうちに正しく覚えたい。あとで覚え直すのが大変だからです。もちろん語彙も増やしたい。欲張りですね。
そして、その理由は――これは最近自覚したことですが、ロシア語で文章が読めるようになりたいからなのです。日本語で読書をするときに、頭の中でリアルに“声が鳴っている”のと同じように、ロシア語でもその状態で本が読めるようになることを、私は望んでいるようです。

道具の使い方を気が済むまで心得ておけると、安心して作業に取り掛かれて、しかも少し応用もできる――生まれ持った私の気質がこうなので、ロシア語で文章がよく読めるようになるまでにも相当な時間が必要ですが、時間をかけただけのことはちゃんと得られると信じています。

いまは、ロシア語のポップスの歌詞が以前よりも聴き取れるようになったこと、会話集などを読んでわりとすっと頭に入ってくること、ロシア語で何か書きたいという気持ちが高まっていること……そのあたりが喜びです。なんとささやかで、しかし確かな喜びでしょうか。

*****

明日からまた仕事。このまま勉強は毎日続けます。


拍手[0回]

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。ときどき、友人と一緒に「ゆずのか工房」という名前でイベントに出展します。
| HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /