ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。

2018/02    01« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  »03
一時間かけて書いた記事が全部消えたので、
いま、半ば脱力しながらキーボードを打っています。

きのう、某テレビ番組で、
ネイティブスピーカーの先生が英語を教えるコーナーがありました。
その名も『ネイティブに笑われないクールイングリッシュ』。
"My name is~."の"is"は短縮したほうがネイティブっぽいとか(そりゃそうだ)、
日常の会話では苗字は名乗らないのが一般的だとか、
実際に使われる英語の表現が紹介されていました。
中には、日本人が間違って覚えがちな表現を、
文法の観点から正して解説している場面もあり、勉強になりました。

勉強になりましたが、もやもやとしました。
番組の内容は正しいのですが、正しすぎて万人には当てはまらないと思ったのです。
ある程度日常で英語を使う人ならば覚えておいた方がよい内容でも、
普段英語を話さずに生活している我々にとって、
ニュアンスに配慮しながら外国語を話すというのは敷居が高いこと。
ですから、これがNHKのEテレの番組ならば何とも思わなかったのですが、
ゴールデンタイムの、誰もが知る民法の番組として、
それも『ネイティブ笑われない』と題して放送することには違和感を覚えました。

日本に来た外国人がたどたどしい日本語で道を尋ねてきたら、
何とかそれに答えようとして一生懸命考えて話しますよね。
そのとき、「この外国人、日本語下手だな」とか「敬語がなっていない」などと、
いちいち難癖をつけるようなことは思わないでしょう。
外国人がうまく日本語を話せなくても、仕方がないと想定しているはずです。

それと同じで、日本人の英語が下手なところで、
ネイティブスピーカーがそれをいちいち笑うとは思いませんし、
たとえ笑われたとしても、そもそも別にいいのではないでしょうか。
だって、うまく話せないのは事実なのですから。

本屋に行けば、英語のテキストが山と積まれています。
私が嫌いなのが『知らないと恥ずかしい〇〇語』といった類のタイトル。
今回の番組のタイトルも好ましくないと感じます。
せっかくなら前向きに『知っておくと話すのが楽しくなる英語』と題すればよい。

ネイティブスピーカーがネイティブの表現を知らなければ、
それは確かに恥ずかしいことでしょう。
同じことで、生粋の日本人が日常で使う日本語の表現に疎ければ、
それもやはり恥ずかしいと思います。

しかし、外国のことを知らなくて恥ずかしいことなどありません。
ちょっと旅行に行ったところで、その国について知りえることなどたかが知れています。
ましてや、その国の言葉の微妙なニュアンスをつかんで話すなど、
日常生活が日本語で事足りている我々日本人には容易なことではないのです。
大体、日本語だって言葉のあやで誤解を与えてしまうことがあるのに、
英語の細やかなことにまで気を遣っていられないというのが本音です。

でも、それでいいのではないでしょうか。
必要なら、各々そこから学んでいけばいいだけの話です。
旅行に行くなら、最低限旅行で役に立つ表現を覚える。
仕事で必要なら、もっと踏み込んで勉強する。
その国の言葉で生活していくなら、なりふり構わず必死で習得する。
センスの良い言葉選びは、基礎が身についたあとでも遅くはないでしょう。

ですから、このテレビ番組を見て、
だから日本人は外国語コンプレックス、ことに英語コンプレックスを抱くのだなあと、
納得せずにはいられませんでした。
もし『最低限これだけ読めて話せて書ければ、その日の食事と宿に困らない英語』
なんて放送があれば、どれだけの日本人が助かるでしょうか。
まあ、視聴率は取れないでしょうが……。

冷や汗をかいたり焦ったり、言い間違えたり書き間違えたり、
時には身振り手振りで何とか伝えようとして、
あとで「あー、あのときこういえばよかった!」などと反省したりしながら、
言葉は時間をかけて少しずつ磨かれていくものだと思います。
それこそ恥をかいて覚えた言葉はまず忘れません。
母国語の日本語だって同じことですよね。

どうしたって、私たちは外国人にはなれないのですから、
外国人なりに地道に学んでいけばよいだけのことです。

仮に自分を格好よく見せるための知識を得て、ちょっと使ってみたところで、
相手はネイティブ、すぐにお里が知れてしまいます。
私自身が留学をして外国語を学んだからこそ実感していることですが、
必要なときに、「外国人である」という特権をフルに使って、
必要な分だけ学んでいけば十分です。

どうしてまっさらな状態で学んでいけないのでしょう。
どうして「わからない」「知らない」という地点に立てないのでしょう。
語学に限った話ではありませんが、
根本的にはちっぽけなプライドがすべてを邪魔しているように思えてならない私です。
そういう意味では、別の某テレビ番組で、
英語でコミュニケーションを取ろうとする出川哲朗さんはすごい。
あの体当たりが演出だったとしても、やはりすごい。
*****
私もロシアでどれだけ困ったことか……。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ

拍手[1回]

入社八日目の今日は、1月の最終日です。
今日が満月だということは知っていましたが、
皆既月食も観られる日だとは知りませんでした。
学校の友人から月食の情報を仕入れてきた妹と一緒に、
先ほどベランダに出て、月が赤いのを確かにこの目で見届けました。
寒いので、すぐに部屋に戻りましたが(^^;)

金曜日から始まった研修を経て、おととい昨日と過ごすうちに、
春から自分が受け持つ仕事の内容が案外に多く、
ほとんど前の会社と変わらないと悟りました。
よく悟ったな、私……。
前の会社で大変な思いをした経験が、早くも仕事に活かされるかも。

口が達者ではなく、要領もあまりよくない分、
頭と心を駆使して地道にやっていくのが私。
仕事は間違いなく大変になるでしょうが、何とかやれる気もしています。
ほかの人たちもやれているのですから、きっと大丈夫。

ここ数日は口まわりの三重苦に悩まされて、マスクが手放せません。
上あごの口内炎、はずみで噛んでしまった頬の内側の傷、口唇ヘルペス……。
噛んでしまったのは別としても、
新しい環境にさらされて、体は確かに疲れています(^^;)

それでも、まだ心のほうに余裕があるので、
日常でロシア語やロシアの作品に触れる機会を作っています。

いまはツルゲーネフの『父と子』(新潮文庫)を再読しています。
いつかはロシア語で読み通したいのですが、まだ日本語で(^^;)
筋書きはわかっているのに、やはり何度読んでも面白くて、
帰りの電車で読みだせばあっという間に時間がすぎます。
(ちなみに行きの電車では眠ります)

夕食後は、元気があればyoutubeでロシア語の曲を聴きます。
何だか今さらではありますが、『アナと雪の女王』のテーマソング、
「Let it go」のロシア語版の歌詞を今日ようやく読みとき終えました。
発音の練習がわりに、歌詞そのものは前から覚えていたのですが、
その意味を推測するところから脱して、もう少し意味を掴みたいと思っていたのでした。
文法的にわからないところが何か所か残ったものの、
語尾の形を手掛かりに、ほとんどの単語の意味と使われ方を確認できたので、
今日は爽快感と満足感でよく眠れそうです。

気分転換にはロシア語のタイピング練習。
私はパソコンのキーボードにキリル文字の表記を施していないので、
もうこのまま、ブラインドタッチで覚え抜いてしまうつもりです。
気分転換のつもりが、やりすぎると手がつりそうになるので注意。

それぞれ面白く、また気づきも考えも蓄えられてきたので、
近々記事を改めて詳しく書きたいと思います。

がりがり勉強するのも、働きながら勉強をするのも本当に大変なことです。
真面目で優等生な私ですら、ひとたび苦行のように感じれば、
そのあとはなかなか続きません……。

でも、好きなことなら誰に言われなくてもやれるものです。
大学で学んだ読み書きと発音、文法を基礎にして、
あとはどこまで自力で習得できるのか、自分で試してみようと思っています。
*****
とりあえず、明日の読書の続きが楽しみ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ

拍手[1回]

時間のある夏休みのうちにと思い、
今日も朝からせっせとロシア語の勉強をしているのですが、
鉛筆を持つ右手の甲がちょっと痛くなってきました。
ブログを書いて気分転換をしようと思います。

私のロシア語事始めは、大学生一年生のときでした。
必修科目の第二外国語を決めるとき、
学科の友人たちが中国語やフランス語、ドイツ語を挙げる中、
私はロシア語を選びました。

「どうせ一年間しかやらないし、
他の子とあまりにかぶるのも嫌だし、
漢字でもローマ字でもない言語にしよう」と思ったのです。
何だかめちゃくちゃな理由ですが、
もちろん、当時はロシア語のあいさつも知らなければ、
あの文字を「キリル文字」と呼ぶことも知りませんでした。

他の友人たちと同じように、
必修単位のために一年生だけで履修を終えるつもりが、
学年末になって、何となく、
「もう少しだけ続けてみよう」と思いました。

そして、二年生でも前期、後期と欠かさず履修し、
三年生ではネイティブの先生による会話の授業も取り、
四年生の後期(という微妙な時期)には、
モスクワ大学へ短期派遣留学をすることになったのでした。
(留学当初、現地では全く太刀打ちできませんでしたが……)

所属していた学科と関係がないにもかかわらず、
四年間もロシア語を続けられたのは、
そもそもロシア語の履修者があまりに少なく、
それゆえに、先生たちの手厚い指導を受けられたからでしょう。

文法の授業でも会話の授業でも、
先生ひとりに対して、生徒が多くて7~8名。
しかも、大学では、回数を追うごとに必ず脱落者が出ますから、
休まずに出席すればするほど、学ぶ環境としては有利になるのです。

それに、私が留学の機会を得たのも、
やはり学んでいる人数が圧倒的に少なかったからです。

三年生後期の当時、一年生からロシア語の勉強を続けていたのが、
学部内で私を含めて3名ほど。
そのうちの一人は二年生後期から三年生前期のうちに留学を済ませ、
もう一人は成績が留学の基準に満たなかったそうで、
残った私に声がかかったというわけでした。

あちらの大学とこちらの大学の協定を続ける都合上、
毎年最低一人は派遣生を出したかったのでしょうね。
実際に、留学に誘ってくれたO先生は、
同じ学部とはいえ違う学科の先生でしたから。

今でも思い出すと涙が出そうになるほど、
留学中は大変な目に遭いましたが、
それはまたいつか別の記事に。

四年間継続して学んだのがロシア語になるとは、
大学に入るときには想像もしませんでしたが、
たぶん、私には何かしら縁のある言語なのだと思っています。

来年の春にロシア語検定を受けることを目標に、
ここ最近勉強を再開しています。

ちなみに、私がビーズで手芸をするときに参考にしているのも、
実はロシアのとある手芸のサイトなのです。
クオリティが高く、色の選び方やデザインなど大いに刺激を受けています。
それもまた別の記事に。

*****

余談ですが、アラビア語を取らなかったのは、
暑い地域が苦手だからです。
アラビア語圏、行かないのにね……。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村 外国語ブログ ロシア語へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ

拍手[0回]

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。現在、大学生の妹と二人暮らし。
| HOME
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /