ミーラヤ・コーシュカ 制作日記

三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。記事は制作過程や日常のこと。最近はロシアネタが多め。

2019/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
おととい、部屋のドアの新聞受けに、レターパックの不在票が入っていました。先日台風で中止になったロシア語検定の返金に関する案内かと思い、再配達を依頼しました。きのう、それを受け取って開封したら、そうではなく、8月に受けたТРКИ(テー・エル・カー・イー)の試験結果でした。

そう、ややこしいのですが、日本で受けられるロシア語検定は二つあり、それぞれ微妙に名称が異なります。
先日の台風で中止になったのは、「ロシア語能力検定試験」。日本で受けられる日本人のためのロシア語の試験です。
一方、ТРКИは日本で「ロシア語検定試験」と名付けられています。ロシアの教育科学省が認定する、ロシア語を学ぶ外国人のための試験です。

不在票や、届いた郵便の差出人をよく見たら、確かに「ロシア語検定試験」と書かれていました。なんだ、私がちゃんと見ていなかっただけか(^^;)

さて、試験は無事に合格していました。ちなみに、わたしが受けたのは、一番易しい「入門レベル」です。
このA4サイズの薄い成績表。見覚えがあると思ったら、留学を終えたときにもらった成績表と似ているのでした。"СПРАВКА"(スプラーフカ)といいます。言葉の響きが懐かしいです。


作文、会話、文法、読解、聴解それぞれの成績が、ポイントとパーセンテージで記載されています。各教科66%以上(もしくは4教科が66%で、残り1教科が60%以上)で合格です。
今回は、作文が90%、会話が99%、文法が93%、読解と聴解が満点と、思ったよりもよくできていました。会話は、多少甘めに採点してくれたのだろうと思います。

こちらの書類は"СЕРТИФИКАТ"(セルティフィカート)。英語の"certificate"でしょうか。同封の返信用はがきがこの証明書の受領証になっていました。こちらの書類も薄いA5サイズの紙ですが、触った感じからすると、偽造防止の加工がされているようです。


ひとまず、2019年に挑戦するロシア語の試験は、これにて終了しました。特に、このТРКИは長らく気にかかっていた試験だったので、こうして終えることができて感慨深いです。留学当時は、まさにこの入門レベルの試験を受けるためのクラスに在籍していました。今回の試験をパスしたことで、当時の自分のロシア語を超えられたことになります。重い腰をあげて試験会場に行った甲斐がありました

来年の8月は基礎レベルを受験します。

*****

自分との約束を果たした感慨。


拍手[2回]

完全な満月は明日ですが、今日の月は薄い雲がかかって大変きれいでした。写真ではうまく撮れませんが、月の周りに虹色の光まで見えました。
雲一つない空の満月も見ごたえがありますが、雲があるほうが、光がそこに反射して周囲がより明るく見えます。


写真を撮った一時間後には、厚い雲に覆われて、月は見えなくなってしまいました。

◇◇◇

寝ても覚めてもロシア語の語彙のことばかり考えているので、今日からとうとう本格的にロシア語の辞書を読むことにしました。

参考にしているのはこちらのブログ:「アンチ・バベルの塔 」。辞書を読んで語彙を増やした人がいないかと考え、ネットサーフィンしていたらたどり着きました。

このブログで提唱されているのは、辞書に載っている言葉のうち、知らないものや理解があやふやなものをカードに書き出し、それをひたすら練習するというもの。なんとも地道で気の遠くなる方法ですが、これなら私が抱えていた問題が解消できそうなのです。

①通勤時も軽い単語カードのみ持ち歩けばよい。
外でも勉強できるようにと読むために持ち歩いている、ロシア語の初級の辞書。しかし、これですら私のひょろい肩と首には負担なのです……。
辞書をばらばらにして持ち歩くことも考えましたが、それではいざ単語を調べるときに散らかってしまいます。

その点、単語カードなら、重さは誤差の範囲。知っている単語を省いて、知らない単語や自信のない単語だけ確認できるのも利点です。ひょろい人の救世主。

②音楽や読書、ニュースを読むだけでは出会えない単語に出会える。
そのあたりの効率の良さは、上記ブログにて丁寧に説明されています。多読や市販の単語帳で勉強をする人もいるかと思いますが、ブログに書かれている通り、いっそ辞書を読んだほうがバランスよく語彙を増やせることは必至。

ちなみに、学生のころは、教科書やテストで出てきたわからない単語は必ず辞書で調べて音読していました。今回、ロシア語能力検定2級の過去問を解いているときにもそれをしようと思ったのですが、やめました。その方法では、次回の試験でまったく別の文章が出たときに太刀打ちできないからです。
いま、私は、テスト対策としての語彙ではなく、テストをもまあまあ乗り切れる一般的な語彙がほしいのです。欲張りです。でも、いまは語彙を増やすことを渇望しています。

……そんなわけで、辞書を読むことが、遠回りなようで結局は堅実な道だと判断しました。

しかし、この方法には根気が必要です。そして、語彙を増やすことに年単位の時間をかける覚悟も……。

①時間がかかる。
まず、辞書を見て知らない単語や理解の曖昧な単語をカードに書き出すだけで、相当な時間がかかります。仕事でくたくたになっている私には、その時間を捻出すること自体が課題です。
そこで、家にある大変分厚い上級の辞書ではなく、普段持ち歩いている初級の辞書を網羅することにしました。はじめのうちは、ゴールは手に届きやすいほうがいいからです。
今日、さっそく単語カードを買ってきて、2時間と少しで「А」の項を書き出し終えました。

※どうしてこんなに早く終わったかというと、カードに書きこむ量を減らしているからです。表にロシア語の単語や熟語、例文を1つずつ。裏には対応する日本語を簡潔に書くに留めています。私は、ひとたびきっちりやり始めれば、最後まできっちりやり終えねば気が済まぬ質(たち)なのです。自分の首を絞めないように、初めからラフに、「自分さえわかればよい」というスタンスで作業することにしました。よって、字も雑に済ませています。

②必ず忘れる。
上記ブログにも書かれていますが、一度覚えたと思った単語も、しばらく経てば忘れます。忘却曲線とかいうやつです。そのため、忘れることを前提で、何度も繰り返して練習するという地道さを受け入れる必要があります。忘れるたびにいちいち嘆いていては前に進めないのです……(自戒を込めて)。5年、10年がかりのプランだと思って取り組むことにします。

※ちなみに、こういうものをアプリで済ませられないかと、浅はかにも考えました。でも、結局私の求めるものには出会えないだろうと思います。memrise(メムライズ)の公式のロシア語コースをすべて終えたのはいつだっただろうかと記事をさかのぼったら、なんともう一年前でした。それ以来、覚えにくい単語を復習するのみですが、このアプリに新たなロシア語のコースが追加される日は遠そうです。

来年のロシア語能力検定2級まであと一年。年内――残り2か月半は、とにかくこの単語カード作りを進めます。もう、語彙なしには次のレベルへは進めないことを、自分で悟ってしまいました。別の見方をすれば、学生時代の英語の学習段階を、いまはロシア語が越えたとも言えます。もはや、私の第一外国語はロシア語。

周りに同じようなことをしている人がいないのが、ときどき心細くもありますが、勉強はもともと一人でやるもの。息切れしないように続けます。

*****

「Б」(ベー)の項目を書き出したら寝よう。


拍手[1回]

明日10月13日(日)のヨコハマハンドメイドマルシェは今のところ開催予定のようですが、共同出展する予定だった友人「kana」と相談した結果、「ゆずのか工房」は参加を見送ることにいたしました。

台風は――ほかの自然災害もそうですが、雨風そのものによる一次災害、そして、交通機関のマヒなどの二次災害が考えられます。
今回、私は後者のほうで、明日の午前中に横浜へたどり着く手段がありません。また、友人「kana」のほうは、実家が川の近くにあり、すでに避難を余儀なくされています。同じような状況にある方たちの心労を思うと言葉になりません……。そんなわけで、早めに不参加の判断をする運びとなりました。

今後は、5月のデザインフェスタ、もしくはヨコハマハンドメイドマルシェへ参加を検討中です。作品のお披露目はまたの機会に。手芸はいつでもできますからね。

ロシア語能力検定2級も、東京は中止となりました。今回、私は勉強が十分にできなかったので、中止となったことにより「台風で行けなかった」という大義名分ができてしまいましたが、実力不足で受かる見込みがなかったのは、本人が一番痛感しています。試験の機会が伸びたことを無駄にせず、これからも勉強します。年内はとにかく語彙を増やす。

気圧の低下の影響をもろに受けているので、今日は一日家で静かに過ごしています。明日も安静にして過ごす予定。元気が出たら、14日(月)に下北沢DIAMOND HEROに行って、引き下げていた作品を再納品するかもしれません。

*****

避難されている方たちに、一日も早く日常が戻りますように。


拍手[0回]

台風の影響により、来る「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」の初日、つまり10月12日(土)は、開催中止になりました。
公式サイトによる情報

これにより、この日友人「kana」がひとりでブースを設営することも、また、ふたたび「ぼっちブース」になる恐れを抱く必要もなくなりました。13日(日)に、ふたりで準備してふたりで出展します。今のところ、13日(日)は開催予定のようです。

ロシア語検定もどうかな。中止になるかもしれないなあ。たとえ中止にならなくても、交通機関の乱れによって受験を見送る可能性大です。正直、勉強も間に合っていないので……(^^;)

きのうの夜、ロシア語検定2級のリスニング問題の過去問を初めて解きました。なんだか、これは、ロシア語を理解することよりも、記憶力とメモの取り方がものを言う問題のような気さえしています。
平常スピードで流れるロシア語を聴き取り、のちの15分間で日本語で清書するという問題形式。メモは取っていいのですが、ペンを持つ手が追いつきません。走り書きでも。それに、細かな前後関係は、大まかなメモだけではうまく残せません……。
日本語で読み聞かせされた物語をあとで思い出して正確に文章にするのだって難しいのに、いわんやロシア語をや。通訳をイメージした試験なのでしょうか。どのように採点されるのかがわからない以上、自分なりに作戦を立てて試験に臨まないと、3回流れる音声を無駄に聞き流すことになりそうです。

ほんまに手ごわいわ、ロシア語能力検定。。。

*****

外はすでに雨。


拍手[0回]

夜中に目が覚めて空の星を眺めたのはもう一週間以上前だったけな、と思いましたが、なんだ、まだ五日前でしたよ。

今日も、午前三時に自然に目が覚めました。眠りに就いたのは午前0時少し前だったので、まだそんなに寝ていません。しかし、お腹が空いたのと、わりと頭が冴えていたので、そのまま起きました。
何となくベランダに近づいて外を見るまでは、そもそも五日前に星を見たことなんて忘れていました。窓越しの空に明るい星をいくつか認めて、「そういえば星を見たのはいつだっけな」と思い出し、このブログを確認して「まだ五日前かあ」と確認し、しかしその五日前よりも外が寒いとわかったので、パンをつまんでお腹を満たしてから、寝間着にシャツと上着と羽織り、念のためにマフラーもして、またもやベランダに出たのでした。

国立天文台の「今日のほしぞら」によれば、この時間帯は南西の空に天王星が見えるらしいのです。首をひねって探しましたが、私の部屋のベランダからは、もうぎりぎり天王星が西のほうへ傾いてしまい、見えませんでした。ちょっと見たかったなあ。まだないんですよ。「あ、あれが天王星だ」と思って天王星を見たことが。

シリウス、プロキオン、ベテルギウスーー明るい冬の大三角をぼんやり眺めていると、ふと、そこを赤い点が横切りました。飛行機です。その瞬間、どうしてでしょうね。自分でも思いがけず、ふと、「パイロットって孤独だなあ」と考えていました。寝静まった街の上の、真夜中の空の、あんなに高いところを、やはり眠っているたくさんの人を乗せて、たった一機でぽつんと、ただ目的地を目指して飛行機を操縦する――こんな孤独なことってあるでしょうか。
飛行機の明かりが、周囲の星よりも弱くて儚かったから、なおさら空高くを飛んでいるように見えたのかもしれません。これまで、昼間に青空を飛ぶ飛行機を見ても、何とも思いませんでした。真夜中には、人は、昼間にはないことを思いつくようです。

これからもうひと眠りします。次に目が覚めたら、また仕事。
夜中にふと目が覚めて星を見ているこの時間は――星を見ようと思って起きたのではなく、たまたま起きてそうしているだけですが――誰にも邪魔されない静謐な時間であることは間違いありません。

*****

週末は台風。空はしばらく見えないかも。


拍手[0回]

プロフィール

HN:
milaya koshka
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1990/05/06
趣味:
手芸とロシア語
自己紹介:
"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。

【次回はヨコハマハンドメイドマルシェ秋】
2019年10月12日(土)、13日(日)開催。友人「kana」と共同出展。ただし、私「ミーラヤ・コーシュカ」は二日目のみ参加します。https://handmade-marche.jp
| HOME Next >>
Copyright ©  -- ミーラヤ・コーシュカ 制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /